「もしもし、奈良さんの展覧会はできませんか?」奈良美智展弘前 2002-2006 ドキュメント展 弘前れんが倉庫美術館 2022/9/17~2023/3/21

2022年9月17日(土)から2023年3月21日(火・祝)まで
弘前れんが倉庫美術館にて
「もしもし、奈良さんの展覧会はできませんか?」奈良美智展弘前 2002-2006 ドキュメント展 が開催されます

 

本展では、美術館になる前の煉瓦倉庫で開催された、弘前市出身の現代美術家・奈良美智(1959-)による三度の展覧会の軌跡を、さまざまな資料、写真や映像で振り返ります。
1988年に渡独した奈良は、海外での活動も積極的に行う中で2000年に帰国します。翌年から国内初の本格的な個展「I DON’T MIND, IF YOU FORGET ME.」が全国を巡回し、2002年には煉瓦倉庫を会場として開催されました。これを契機として、続く二つの展覧会「From the Depth of My Drawer」(2005年)「YOSHITOMO NARA + graf A to Z」(2006年)が煉瓦倉庫で開かれました。
タイトル「もしもし、奈良さんの展覧会はできませんか?」は、当時の煉瓦倉庫のオーナー・吉井千代子(吉井酒造株式会社社長)が、奈良の作品に強く惹かれ、自分の倉庫で展示をしたいとギャラリーに問い合わせたというエピソードにちなんでいます。この一本の電話が、吉井と奈良の出会いにつながり、煉瓦倉庫での奈良美智展が実現しました。
弘前での最初の奈良美智展から20年を迎える本年、煉瓦倉庫と地域との関係性において重要な意味を持つ、この三度の展覧会にあらためて光をあてます。当時の印刷物やグッズ、記録映像の資料、展覧会準備の様子や展示風景を撮影した写真家の永野雅子と細川葉子による写真で構成します。 また、過去に出展された奈良美智の作品も一部展示します。弘前での「奈良美智展」というひとつの事例から、地域のアートプロジェクトや美術館、そしてそこに関わる人々について考えをめぐらせるための場の創出を目指します(弘前れんが倉庫美術館ホームページより)

 
詳細は、弘前れんが倉庫美術館ホームページをご参照ください
・・・2022年度 秋冬プログラム「もしもし、奈良さんの展覧会はできませんか?」奈良美智展弘前 2002-2006 ドキュメント展
 

「もしもし、奈良さんの展覧会はできませんか?」
奈良美智展弘前 2002-2006 ドキュメント展
会期 2022年9月17日(土)~ 2023年3月21日(火・祝)
休館日 火曜日
※ただし、3月21日(火・祝)は開館
※12月26日(月)〜1月1日(日)は休館
開館時間 9:00-17:00(入館は閉館の30分前まで)
主催 弘前れんが倉庫美術館
特別協賛 スターツコーポレーション株式会社
協賛 株式会社大林組
協力 奈良美智、NPO法人 harappa
後援 東奥日報社、デーリー東北新聞社、陸奥新報社、青森放送、青森テレビ、青森朝日放送、エフエム青森、FMアップルウェーブ、弘前市教育委員会
観覧料[税込] 一般 1,300円 (1,200円)
大学生・専門学校生 1,000円 (900円)
※()内は20名様以上の団体料金
※以下の方は無料
・高校生以下の方
・弘前市内の留学生の方
・満65歳以上の弘前市民の方
・ひろさき多子家族応援パスポートをご持参の方
・障がいのある方と付添の方1名
弘南鉄道生活応援きっぷ「わにサポ」で
帰りの運賃100円&観覧料100円引き!

弘南鉄道大鰐線・弘南線を往復利用する方は「わにサポ」で「帰りの運賃が100円」でご利用でき、弘前れんが倉庫美術館:観覧料100円引きとなります!
詳細は、下記ページをご参照ください

・・・弘南鉄道生活応援きっぷ「わにサポ」

 
 

2022年9月14日(水)から11月13日(日)まで
弘前れんが倉庫美術館、弘南鉄道弘南線:車両&主要駅他にて
『青森をアートでたどるプロジェクト 原 高史〈AOMORI MAPPINK MEMORY 「記憶の未来」〉』が開催中!
弘南鉄道弘南線では、ねぷたやりんご栽培など、青森の風土に育まれた情熱やりんごの蕾を想起させる鮮やかなピンク色をテーマカラーとし、タイムマシーンに見立てたピンク色のアート列車を運行致します。
また、弘前れんが倉庫美術館や駅舎もピンク色に染まり、地域の人々へのインタビュー映像などが上映されます。
詳細は、こちらをクリック

・・・青森をアートでたどるプロジェクト 原 高史〈AOMORI MAPPINK MEMORY「記憶の未来」〉2022/9/14~11/13

 
 














アクセス人気ランキング

PAGE TOP