幻燈列車at弘南鉄道 10/7

幻燈列車の運行は終了致しました
台風の影響なく、無事運行出来てよかったです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2018年10月7日(日)
「幻燈列車at弘南鉄道」が運行されます

 
Magic Lantern Railways
“ランテルナムジカの幻燈列車”
ランテルナムジカはトウヤマタケオの音楽と画家nakabanの幻燈によるプロジェクト。
ランテルナムジカはそこに居る人たちと一緒に旅をします。
訪問先は画家のアトリエや音楽家のピアノ室。どこかの小さな映写室。
そしてさまざまな場所へ。
忘れられた図書館の古テーブルでページをめくるように、サーカス小屋、ピアノホール、水族館、瓶の底、陶磁器のヒビの中から東欧の深い森の奥まで、列車から眺める風景の様に移ろい行く事でしょう。
さぁ、弘南鉄道に乗り込みましょう。
列車に揺られ、ノスタルジックで不思議な幻燈の旅へ。

日時 2018年10月7日(日)
会場 弘南鉄道 黒石線
弘前駅 城東口 弘南鉄道 改札前集合
時間 開場17:30/出発18:35/帰着20:30
料金 予約・前売り 3500円(1drink付)
子ども 2000円
乳児 無料(要申し込み)
お問い合わせ・前売り/ご予約 ゆぱんき
弘前市銅屋町63-8
050-5329-4955
yupa.yoyaku@gmail.com

 
予約・前売りなどは
弘南鉄道窓口では行いませんので
上記問合せ先:ゆぱんき様にお問い合わせください
詳細は、下記サイトにてご確認ください
・・・ゆぱんき

 
 
今回は弘前の幻燈列車のほかにも、さんかく座”Triangulum”をめぐるツアーとなっております。
盛岡は喫茶carta、秋田は”studio”にて。こちらもどうぞおたのしみに!


 
○ランテルナムジカ
2010年に結成。
“lanterna magica”で”幻燈”の意味。
幻燈に音楽がくわわると”lanterna musica”。
東欧をひと匙 “lanternamuzica”。
これまで美術館、公会堂、電車、カフェ、海辺のレストラン、
雪国の温泉、ロックフェスティバル等でライブを行って来た。
・・・WEB
 
○トウヤマタケオ
音楽家。
1965年兵庫県生まれ。尾道市在住。
作曲、ピアノ、声、諧謔、郷愁、D.I.Y.ピアノ弾き語りの他、
チェリスト徳澤青弦とのデュオ”Throwing a Spoon”、8ビート偏愛バンド”PATO LOL MAN”、
旅する幻燈楽団”ランテルナムジカ”など活動は多岐に渡る。
・・・WEB
 
○nakaban
画家。
1974年広島県生まれ。広島県在住。
旅と記憶を主題に絵を描く。絵画作品を中心に、印刷物の挿絵、絵本、映像作品を発表する傍ら、音楽家のトウヤマタケオと『ランテルナムジカ』を結成し、音楽と幻燈で全国を旅する。’13年には新潮社「とんぼの本」のロゴマークを制作。
主な作品に絵本『ぼくとたいようのふね』(BL出版) 、書籍『窓から見える世界の風』(創元社)など。
・・・WEB
 
企画:Magic Lantern Railways
 

関連記事

  1. 「コロプラ☆乗り放題 大黒様きっぷ」発売は2017/3/31まで

  2. 名勝 金平成園 夏の一般公開 2018/7/27~8/19(大黒様きっぷ提示で入園料50円割引)

  3. 青森フォトロゲイニング大会inおおわに2017 8/19

  4. 【お詫び】大鰐線脱線事故について

  5. 黒石さくらまつり 2017/4/22~5/5

  6. 2018秋季青森県高校野球選手権大会 9/15~23

  7. 熊坂文 ボタンブローチ展 ~中央弘前駅ギャラリーまんなか 2018/8/9

  8. 「大鰐線ナビ」あなたもフォローしてお楽しみください!

  9. 鉄道ぺディアにて弘南鉄道:ラッセル車が紹介されました


ねぷた祭り開催にともない、2019年も、弘南鉄道弘南線・大鰐線では臨時列車の運行を行います!
・・・詳細はこちらをクリック

アクセス人気ランキング

PAGE TOP